消防設備士

消防設備士は、劇場、デパート、ホテル、学校、マンション、会社など、施設の屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等または特殊消防用設備等の工事・整備・点検をするための国家資格です。
資格は「甲種」と「乙種」の2つに分かれており、甲種消防設備士は、工事・整備・点検ができ、乙種消防設備士は整備・点検を行うことができます。
さらに甲種・乙種ともに分類があり、その分類によって扱える消防設備が異なります。
◆特類(甲種のみ)
特殊消防用設備等
(従来の消防用設備等に代わり、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等)
◆1種
屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備、共同住宅用スプリンクラー設備
◆2種
泡消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
◆3種
不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
◆4種
自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
共同住宅用自動火災報知設備、住戸用自動火災報知設備
特定小規模施設用自動火災報知設備、複合型居住施設用自動火災報知設備
◆5種
金属製避難はしご、救助袋、緩降機
◆6種(乙種のみ)
消火器
◆7種(乙種のみ)
漏電火災警報器

【試験】資格概要

難易度 ★★☆☆☆
受験資格 詳しくは主催元のホームページをご確認ください。
受験料 甲種 5,700円(非課税)
乙種 3,800円(非課税)
※願書・受験案内などは消防試験研究センター各道府県支部及び関係機関・各消防本部にて入手できます。
試験会場 試験会場は各都道府県により異なります。
主催元 一般財団法人消防試験研究センター

資格に関するお問い合わせはこちら

こんな資格もオススメ!