貯水槽清掃作業監督者

貯水槽清掃作業監督者とは、受水槽、高置水槽等建築物の飲料水の貯水槽の清掃、管理、監督を行う上で必要となる知識を習得した者。都道府県知事に登録するのに必要な有効期間は6年(資格自体の有効期限はありません。)。有効期限を延長するためには、再度を受講する必要があります。
維持管理権限者、建築物環境衛生管理技術者との打ち合せ、清掃作業手順の策定、貯水槽の下見、飲料水の貯水槽の清掃作業の監督などを行います。

資格概要

 

 

難易度 ★☆☆☆☆
受講資格 【新規受講】
以下のいずれかに該当する者。
1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく高等学校若しくは中等教育学校または旧中等学校令(昭和18年勅令36号)に基づく中等学校を卒業した後、2年以上建築物の貯水槽の清掃に関する実務に従事した経験を有する者
2. 5年以上建築物の貯水槽の清掃に関する実務に従事した経験を有する者
3. 1.と同等以上の学歴及び実務の経験を有すると認められる者
※上記実務に従事した経験とは、正社員としての実務であり、アルバイト、パート等は含まれません。
※中等教育学校とは、中等普通教育(中学校)並びに高等普通教育及び専門教育(高等学校)を一貫して施す修業年限6年の学校です。(学校教育法第51条の2)

【再講習】
以下のいずれかに該当する者。
1. 厚生労働大臣登録貯水槽清掃作業監督者講習会を修了した者
2. 厚生労働大臣登録貯水槽清掃作業監督者再講習会を修了した者
3. 建築物環境衛生管理技術者免状を有する者であって、建築物飲料水貯水槽清掃業の登録営業所において貯水槽清掃作業監督者としての業務に従事した経験を有する者
※修了証書の有効期限が切れている場合でも、受講する講習会の種類は再講習会となります。

受講料 【新規受講】
52,000円(非課税)
【再講習】
33,000円(非課税)
受講日 開催地によって異なります。詳細は主催元HPをご確認ください。
講習内容 【新規受講】
以下の内容を4日間(29.5時間)で行います。

① 建築物環境衛生制度(2時間)
② 給水衛生概論(7時間)
③ 建築設備概論(給水設備関係)(5時間)
④ 作業の安全管理(2時間)
⑤ 貯水槽清掃各論(12時間)
⑥ 試験(1.5時間)

【再講習】
以下の内容を2日間(12時間)で行います。

① 建築物環境衛生制度(1.5時間)
② 建築物衛生における動向(1.5時間)
④ 給水衛生概論(3時間)
③ 建築設備概論(2時間)
⑤ 貯水槽清掃各論(3時間)
⑥ 試験(1時間)

主催元 公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター
資格に関するお問い合わせはこちら

こんな資格もオススメ!