水道浄水施設管理技士1級

浄水施設管理技士1級は、原水及び浄水の水量・水質の変動に応じて、適切に浄水場の運転・維持管理ができる。

資格概要

 

難易度 ★★★☆☆
受験資格 本資格試験は下記の受験申請条件を全て満たす方のみが受験申請できます。

(申請条件)
① 受験する資格の3級資格認定・登録がなされていること。
② 学歴、水道実務経験等が下記の「換算ポイントの合計」に達していること。
1級受験者:25ポイント
※「換算ポイントの合計」の詳細は主催元HPをご確認ください。
③ 受験する資格に関わる「水道事業体での現場実務経験(以下「現場実務経験」という。)」を一定以上有すること。
※「現場実務経験」の詳細は主催元HPをご確認ください。

受験料 15,000円(消費税込み)
受験日 2021年1月17日
試験内容 試験は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の6都市で実施。

1級は、試験Ⅰ(四肢択一問題(50問))に加えて、試験Ⅱ(記述式問題)があります。
① 試験Ⅱ-1:文章中の空欄に正しい文言を記入し文章を完成させる(20問)
② 試験Ⅱ-2:複数のテーマから1つを選んで1,600字以内で論文を記述

↓↓試験Ⅰ及び試験Ⅱ-1については、下記の図書から出題↓↓
・「水道維持管理指針2016」(日本水道協会 2017年3月発行)
・「第四版 水道法逐条解説」(日本水道協会 2015年8月発行)
・「膜ろ過浄水施設維持管理マニュアル2018」(水道技術研究センター 2018年7月発行)

主催元 公益財団法人 日本水道協会
資格に関するお問い合わせはこちら

こんな資格もオススメ!